アントシアニンの効果は嘘なの?

ブルーベリー等に含まれるアントシアニンは、目の働きを助け、近視や乱視の症状改善に効果があると言われていますが、嘘の情報も多く含まれています。

まず、ブルーベリーを食べる事によって期待できる効果は、アントシアニンの摂取による抗酸化作用や、視神経の伝達物質であるロドプシンの再合成を助けるといった働きがあります。

ロドプシンの再合成を助ける事により、視界をスッキリさせ、疲れ目よるボヤけやかすみに効果をもたらします。また、抗酸化作用により網膜を守るという働きも期待できます。

特にスマートホンやパソコンを長時間使用する事の多い現代社会では、疲れ目に悩む方も多く、アントシアニン配合のサプリメントは大変人気があり、「目に良い」「目に優しい」といった内容のキャッチフレーズで様々な物か売られています。

アントシアニン配合のサプリメントは、疲れ目に効果があり、目に優しいのは確かに事実ですが、悪質な業者が売り上げを伸ばすために「視力が回復する」「近視や乱視の改善」などと誇張された嘘のフレーズで売られている物も中にはあり、世間では間違った嘘の認識がまかり通っているのが現状です。

ブルーベリーを食べるだけでは近視や乱視は改善できません。

pp1

アントシアニンは視力回復には効果なしなの?

ブルベリーなどの果肉にはアントシアニンの成分が存在しますが、視力を回復するには良いとされますが、実は効果なしというデータが存在します。

実際にサプリメントを製造するメーカーのキャッチフレーズなどでも多用されている関係から、売らんがための意図で間違った情報が蔓延している実態があります。

例えば、近視や乱視といった症状がある方がそれが治ったり、視力がなかった人が視力が回復する、といったことは起こらないというのが本当の所です。

また、アントシアニンは炭水化物やたんぱく質と同じ様な栄養成分かと問われたら、若干、違いがあり、単に色素成分に過ぎないというのが実態となります。

眼の網膜の色素にロドプシンという色素が存在し、眼を酷使すればするほどその色素が分解されてしまう働きとなります。

そして全く眼には効果がなしかといえば、アントシアニンにはこのロドプシンという色素を再合成を促す効果があるため、その目を使う中で分解されたロドプシンを円滑に合成を助けてくれます。

視力回復する上では効果がなしなのは事実ですが、眼の働きを正常にする上では、アントシアニンは効果が高い色素になるのです。

眼の周囲にある毛細血管の血流改善も期待できるため、パソコンなどで長時間、眼を酷使し続けた場合にも優れています。

pic2

カシスについて

アントシアニンとは、ポリフェノールの一つで高い抗酸化作用があります。ブルーベリー、クランベリー、カシスなど赤、青、紫の食物に含まれています。

アントシアニンは、紫の紫外線から果実を守る色素の成分のためです。人が生きていく上では酸素が必要ですが、取り入れた酸素がエネルギーとして利用される過程で活性酸素が生じます。

活性酸素は少量であれば病原菌を殺したり人にとって有益な活動をしますが、大量になると癌や生活習慣病の原因とされ、老化の進行とも深いかかわりをもっています。

抗酸化作用は活性酸素の活動を抑え、減らす働きをしています。

カシスに含まれるアントシアニンは、ブルーベリーやクランベリーと違ったデルフィニジン-3-ルチノシド、シアニジンー3-ルチノシドという2種類の通称カシスアントシアニンといわれる成分を含んでいます。

長時間目のピントを合わせたままでいると目の機能がフリーズしてしまう「ピントフリーズ現象」を改善する効果があるといわれています。

また、末梢血流を活発にする働きにより、筋肉のコリに効果があるとされています。目や腰に対しては、パソコン使用後の疲労を緩和する働きがあるという報告があります。

他の食品にはない成分が特異な効果を発揮します。

pic3

他のサイトを紹介

アントシアニンの効果について解説していきました。

アントシアニンはポリフェノールの一つであり、ポリフェノールという言葉を知っている人も多いと思います。

ポリフェノールにはアントシアニン以外にも様々なものがあり、中でもレスベラトロールに関する商品が登場してきています。

レスベラトロールとは?詳しくはこちらです。